50代主婦が卒婚について考えてみた!別居や離婚とどう違う?みんなはどう考えてる?

50代主婦が卒婚について考えてみた!別居や離婚とどう違う?みんなはどう考えてる? 夫婦関係

 

最近卒婚という言葉を耳にします。

意味は「結婚を卒業する」です。(婚活を卒業するではありません。笑)

 

例えば、2014年に俳優の加山雄三(かやまゆうぞう)さんが長年連れ添った奥様と「卒婚宣言」していたり、

タレントの清水アキラさん「卒婚宣言」していたり(その後離婚してしまいますが)、

タレントの上沼恵美子さんも2年前に「私は卒婚してるんです」と語っていたり、、、

 

芸能人の間でも「卒婚」している人がけっこういるようです。

 

でも「卒婚」と「別居」って違うの?「離婚」とはどう違うの?

 

そこでこの記事では、

Attention!! 「卒婚」とは?
「卒婚」は別居や離婚とどう違うか
「卒婚」についてみんなはどう思ってるのか

ということを調べて考察しています。

※尚この記事は「結婚している女性」向けです。

 

卒婚とは?50代主婦が考える

卒婚とは

 

冒頭でお伝えしたように『卒婚』という言葉が最近聞かれるようになりました。

特に、結婚して長い年月がたったアラフィフ(50代)以上から多く聞かれます。

 

熟年離婚とは違うの?

 

「卒婚」の字は「結婚を卒業」するということですが、そもそも「卒婚」の定義って何なのでしょう?

 

そもそも卒婚とは?

卒婚とは、戸籍上の婚姻関係は残したまま夫婦お互いが自由に生活することです。
お互いを扶助することなく別居の形態をとったり、同居でもお互いに干渉せずに生活することを指しています。

LEGAL MALLから引用:https://best-legal.jp/graduation-14689/

 

つまり「卒婚」は籍は抜かず、夫と妻が別々の生活をする。同居・別居は問わない..ということのようですね。イイトコ取りかも・・・♡

 

卒婚する理由は?

「卒婚」する理由は人によって異なるようですが、調べてみたところ、多くは「子供も独立」したし、「夫の世話から解放されたい」というのが大きな理由のようです。

「卒婚」には主に次のようなメリットがあります。

・夫の世話から解放される
・自分の趣味に没頭する時間を持てる
・好きな時に旅行に行ける
・離婚ではないから世間体を保てる
・籍を抜かないので夫との相続関係がある

 

つまり「卒婚」とは、夫とともに生活することから卒業し、自分のライフスタイルに沿って、自分中心に生きていくということのようですね。

 

卒婚と別居・離婚との違い

 

「卒婚」の定義は分かりましたが、実のことろに「別居」や「離婚」とどう違うのでしょうか?

深堀りしてみました。

 

卒婚と別居の違い

「卒婚」は同居と別居どちらもアリですが、「離婚を前提とした別居」と「卒婚の別居」とはどう違うのでしょうか。

 

「離婚を前提とした別居」と違って、「卒婚の別居」は「籍は抜かない」という前提に大きな違いがありそうです。

従って「卒婚の別居」は、ずっと別居かもしれないし、いつかは戻るかもしれないし、といった選択肢が残されています。

 

また経済的に許せば、週末だけ「別居」というスタイルを取ることもできます。勿論、夫側の同意が必要です。

 

ただ、別居する住宅の家賃は自分(妻)が払う必要があります。

自分の世話はしてくれないのに、妻に家賃を出してあげるって夫はいないでしょうね。

 

「離婚」で慰謝料が発生すれば、そのお金で家賃を払うことも可能ですが、「卒婚での別居」は、ある程度自分(妻)に稼ぎがなければ難しいと思います。

 

卒婚と離婚の違い

「卒婚」は戸籍上は「夫婦」ですから、恋人ができたら「不貞行為」となり、夫から慰謝料を請求されてしまいます。

そして当たり前ですが、籍を抜かない限り「再婚」はできません。

 

ところで「卒婚」で「離婚はしない=籍は抜かない」というのは、

・妻側に夫に対しての「家族愛」がある
・妻にとって戸籍上の夫婦であることにメリットがある

 

といったようなことが考えられると思います。

将来「年金」を受け取ったり、相続(正の資産)をしたいと妻が考えていれば、離婚しない方がトクですよね。

 

しかし、特に「卒婚」で「別居」していると、離婚」につながる危険性大です。

 

旦那様としては自分を構ってくれないし、一緒に住んでないし、「夫婦の意味ない!」って言われても当然。

 

もしあなたが「卒婚で別居」を考えているようなら、この点は注意ですね。

 

主婦は卒婚についてどう思ってる?

それでは、主婦のみなさんは「卒婚」についてどう考えているのでしょうか。

実際「卒婚」した人、「離婚」した人の声もあわせて、いくつか拾ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、「卒婚」に関しては色々な考えをお持ちのようです。

ところで、「夫婦関係」の理解と整理に役立ちそうなツイートを見つけました。


とても分かりやすいですね。

みなさんの声を見ていると、「卒婚」を「離婚」へのプロセスとして考えている人、「夫婦関係の修復」として考えている人、日々の家事からの一時的解放として考えている人…さまざまだと思いました。

 

「卒婚」の定義は人それぞれかもしれませんね。

 

\\「卒婚」の定義をチェックする//
「卒婚: これからの結婚のカタチ」 を読んで見る

 

まとめ・考察

今回の記事では

・「卒婚」とは?
・「卒婚」は別居や離婚とどう違うか
・「卒婚」についてみんなはどう思ってるのか

 

この3つにフォーカスして調べてみました。

 

「卒婚」についての考察まとめ

「卒婚」は「離婚せず、夫の世話をせず妻が自由に暮らす。同居・別居は問わない」というスタイルです。「妻」が主体的に行うものです。


これだけ見ると妻側に都合がいい関係のように見えますが、夫の同意があれば問題ないでしょう。

また、「離婚」へのプロセスのワンクッションとして考えれば、夫婦お互いのストレスが減るのかもしれません。

とはいえ、離婚前提とせずの「卒婚」なのであれば、妻に稼ぎがあったり、十分な貯金がないと実現しないのではないでしょうか。

 

あなたは「卒婚」についてどんな感想を持ちましたか?

 

今回は「卒婚で夫と別居」のパターンにフォーカスしましたが、「卒婚で夫と同居」の場合、どんな気持ちで一緒に住んで居るのだろう?と興味がわきました。

別の機会にこのことについて記事にしてみたいと思います!

 

お読みくださりありがとうございました。

 

 

 

面白い!と思ったらこちらをポチっと押して下さいませ♡

にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村


子供なし夫婦ランキング

 

 

面白い!と思ったらこちらをポチっと押して下さいませ♡

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


子供なし夫婦ランキング

 

夫婦水入らずー子なし夫婦の歩き方
この記事を書いた人
雫(しずく)

結婚30年を過ぎた子供がいない夫婦です。「仲がいいね」とよく言われますが当人同士はあまり実感がありません。お互い好き勝手なことをやりつつもお互い感謝し、二人で過ごす時間を大事にし、最終的には夫婦としてまとまっています。

雫(しずく)をフォローする
夫婦関係
雫(しずく)をフォローする
夫婦水入らず